【池袋】開楽で皮がモッチモチのジャンボ餃子を食す

2019年1月8日(火)訪問

池袋の人気餃子店、開楽に行ってきました。

お目当ては、もちろんジャンボ餃子。

池袋で餃子といえば開楽一択です。

もちろん餃子以外も食べたいときは、王将だったり、ダンダダン酒場なんかにも行きますが、餃子だけならここ。

定期的に通っています。

お店の場所

池袋東口から、徒歩1~2分の所にあります。
出典「食べログ mickandcindyさんの写真」

関連ランキング:中華料理 | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

 

お店の雰囲気

一般的な中華料理屋というよりか、定食屋に近い雰囲気です。

店員さんも中国人の方だったり、日本の方だったり。

清潔感はあるので、普通にご飯を食べたり、軽く飲むには居心地は悪くないと思います。

お店のシステム

注文(オーダー)制です。

お店に入ると席に案内されるので、メニューを見て、店員さんに伝えます。

餃子を押してますが、普通の中華の一品料理も豊富なので、飽きません。

備品

使い捨てのお手拭きをもらえますが、ティッシュや紙ナプキンはありません。

餃子定食の味と感想

いつも通り、餃子定食(650円)を注文。

ここのジャンボ餃子は本当にジャンボなんです。

お店に外側で持ち帰り用のまだ焼いてない餃子を打っているんですが、それを見ると「大きいけど言うほどじゃない」と思ってしまうんですが、焼かれてきたのを見るとびっくり。

友達を食べに行くことが多いですが、初めての人は、みんな大きさにちょっと引きます笑

ジャンボ餃子一つで、普通の餃子3~4個分といった感じです。

餃子定食は、ジャンボ餃子が3つなので、大体普通の餃子10個分はあると思ってください。

他にもお得なメニューで、ジャンボ餃子5個+半チャーハンのセットがあります。

食いしん坊には、ありがたいですが、その量たるや普通の餃子15個分以上になります。

注文の際は覚悟してください。

でも、味は抜群なので、以外と食べれてしまうのも事実

皮はモチモチしてて、中身は肉汁、野菜汁がたっぷり。

そして、食べるときは気を付けてください。

一気にかぶりつくと肉汁が飛び散り服が汚れるは口の中やけどするはでいいことありません。

猫舌の人は要注意です。

お酢やラー油もいいですが、テーブルに常備されている自家製の豆板醤のような薬味が絶品で、餃子によく合います。

ピリ辛なので、苦手な人は量に注意してください。

結局、餃子定食をペロリと平らげてしまいました。

あとがき

個人的に池袋で一番おすすめの餃子です。

餃子が一押しですが、一品料理も充実している中華屋さんなので、普通の食事や飲みにも使えます。

大阪王将 肉餃子 50個入×3(合計150個) たれ×18袋付

大阪王将 肉餃子 50個入×3(合計150個) たれ×18袋付

3,580円(08/24 08:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
【2個セット】大阪王将 餃子のタレ 鉄ラー油入

【2個セット】大阪王将 餃子のタレ 鉄ラー油入

1,245円(08/24 08:07時点)
Amazonの情報を掲載しています