【新宿】東南口ガード下のカフェ サナギ食堂でクラムヌードルを食す

2019年3月2日(土)訪問

NEWMANが出来て以来ちょっとずつキレイになっている新宿の東南口。

そんな東南口に知らぬ間にできてたガード下のお店 サナギ。

たまたま友人とのランチでサナギに行ってきたので紹介してみます。

お店の場所

新宿東南口にあります。

アウトドアショップのLブレスや東南口のマックの近くです。

ガード下のお店で目の前を通れば目立っているのですぐわかります。

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

 

お店の雰囲気

ガード下のオシャレカフェかと思いきや食堂と名前がついてる通り、食堂形式のお店。

内装は、多国籍な不思議な感じ。

出典「食べログ」

 

食堂なので接客も何もないです。

ただ、デートでも女子会で使っても問題ない雰囲気はあります。

席数も結構あり、ランチなら回転も比較的早いので、入りやすいと思います。

お店のシステム

お店に入ったら、まず席を確保します。

その後、奥のレジに行って注文しお金を払います。

そのままお盆を受け取って、ベルトコンベア形式で箸やスプーン、お手拭など貰って行き、注文したものを受け取ります。

注文するものによっては10分~15分結構待たされます。

水など含めて、基本的にすべてがセルフサービスのお店です。

ただ、食べ終わった食器類だけは、店員さんが片づけてくれるようです。

味と感想

注文したのは、クラムヌードル(1,000円)。

チキン南蛮やトンテキなど魅力的なガッツリ系も多かったのですが、朝食を多めに食べてしまったのでさらっと食べれるものがいいなというチョイス。

友人は、サーモンとアボカド丼を注文してました。

クラムヌードルは注文する人が少ないのか、すぐに完成。

友人のサーモンアボカド丼は、10分くらい掛かってました。

メインとちょっとした小皿料理(ポテサラとナムル)、デザート(わらび餅)がついてきます。

早速いただきます。

美味しい。。。

正直、フードコート的なカフェのラーメンなので、全く味は期待していなかったのですが、クラムチャウダー風のスープとラーメンの麺がもの凄く合います。

麦とオリーブとかもそうですが、貝類とラーメンの組み合わせって合うのかもしれません。

メインの具は、ムール貝とアサリが2つずつくらい。

とにかくスープが美味しくて飲み干してしまいました。

緑色の野菜は、パクチーなので苦手な人は取り除いて食べてください。

クラムチャウダーが好きな人には本当におすすめできるラーメンです。

あとがき

あまり期待しないで入ったお店なんですが、雰囲気も味も期待以上でした。

トンテキも分厚くで美味しそうだったので、次回来た時はそちらも頂いてみようと思います。

お店の目の前で大人気のタピオカミルクティー ジ・アレイも売っていて流石の女子行列ができていました。

キャンベル クラムチャウダー EO缶 305g×4缶

キャンベル クラムチャウダー EO缶 305g×4缶

738円(03/21 11:22時点)
Amazonの情報を掲載しています