【池袋】究極の塩だし そば助で玉潰し鳥そばを食べてきた

2019年3月19日(火)訪問

この日は、体調不良で会社を休ませてもらいました。

ただ、お昼前には体調が戻ってきたので、友人とランチに。

病み上がりなので、余りこってり、ギトギトしたものは食べたくない気分。

そういえば、自宅の近くにお蕎麦屋さんがあった気がしたので、行ってきました。

その名も「究極の塩だし そば助」。

自ら究極を名乗っていく強気のスタイルですが、味はどうなんでしょう。。。

お店の場所

お店に池袋西口から徒歩3~4分。
さんまラーメンで有名な生粋のすぐ近くにあります。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 池袋駅要町駅

 

お店の雰囲気

清潔感がある雰囲気です。

席は15席ほど。

よくあるお蕎麦屋さんというよりもやよい軒とかああいう定食屋さんに近いイメージ。

店員さんは、3人くらいいてホール専門。

店長さんなのかホールもキッチンも行き来してる人。

キッチンの人という感じ。

皆さん元気に接客してくれます。

お店のシステム

席での注文制です。

お店入ると席に案内されるので、席に置いてあるメニューを見て決めましょう。

お会計は後会計で、食べ終わったらレジに行って支払ます。

味と感想

12:30頃お店に到着。

既に半分以上の席は埋まっていました。

席に座りメニューを物色。

色々あるんですね。

大きく、売りの塩だしと醤油系のだし?に分かれているようです。

せっかくなので、塩だしを頼みます。

注文したのは、「忍法!玉潰し鳥そば(1,050円)」。

なんとも言えないネーミング。

10分も待たずに到着。

温玉、揚げ出し豆腐、鶏肉の煮たやつ、にんにく揚げが具として入っていて、塩だしが掛かっています。

早速いただきます。

お~、あっさりしてるけど美味しい。

鶏肉もいい感じ味付け。

揚げ出し豆腐も美味しいです。

にんにくは、においが気になるので食べるのはやめました。

塩だしというのを初めて食べましたが、これは美味しいですね。

究極かどうかは別としてかなりありだと思います。

そして、薬味の辛いゴマ?のやつがあるんですが、これを入れると絶品です。

あっさり塩だしものすごくいきます。

おすすめです。

大変美味しいですが、1,050円としょっちゅう食べるにはちょっと割高な気も。。。

揚げ出し豆腐やニンニクは必要性感じないので具が少なくて値段を抑えたメニューのほうがおすすめかもしれません。

味は本当美味しかったです。

あとがき

居酒屋的なメニューもあるので、チョイ飲みにもよさそうです。

次回は、おススメの牛すじつけそばも食べてみたいです。

かじの 伝統の二八そば 250g×4個

かじの 伝統の二八そば 250g×4個

1,231円(10/20 00:10時点)
Amazonの情報を掲載しています
和風だし塩(50g入)

和風だし塩(50g入)

1,280円(10/20 00:10時点)
Amazonの情報を掲載しています